会計事務所 名刺 デザイン 徳島線を走る列車たち|Rail Over the World
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


徳島線を走る列車一覧
徳島線はどのような列車が走るか、その車両をアップ


-徳島線-


185系剣山色-阿波池田にて。

新潟トランシスで作られた四国向けの気動車。
主に徳島線で活躍。
一部の列車は高徳線、牟岐線を走る。
3000番台は、八幡浜などを走るものもある。
臨時列車、アイランドエクスプレスUに改造されたグリン車もある。
また、2000系の導入により余剰となったキハ185系はJR九州に売却された。


185系JR四国一般色-多度津にて。

剣山色とは別にJR四国一般色が存在する。
多客期のみ運転される臨時特急「いしづち」に当てられることもある。


キハ47系-貞光にて。

動力機関が国鉄のまま残るJR四国のキハ47系。
しかし、冷房装置に関しては1988年に改造された。
キハ47系の下には汚物処理タンクが設置されている。
JR四国チャイムをのせている。

キハ40系-高松にて。

キハ47系の両運転台バージョン。
高徳線だけではなく徳島線にも乗り入れる。
一日一本のみとなっているが。

1000系-窪川にて。

通勤通学輸送に対応した車体中央の
両開き扉・ワンマン運転用の諸設備など、
幅広い運用に対応する仕様を有する。
エンジンは2000系気動車に使用した機関と同じものを使っている。


1200系-高松にて。

1500形気動車との併結運用に対応させるための車両。
改造後は車両番号を「原番+200」の付番基準で変更し、
1200形に形式変更された。
密着連結器を有する。

1500系-貞光にて。

21m車体のステンレス車。
環境・バリアフリーに配慮した優しい車両。
ドアチャイム・車椅子スペースがある。
2006年から徳島地区を中心に活動域を広めつつある。

トップへ戻る