会計事務所 名刺 デザイン 土佐くろしお鉄道中村・宿毛線を走る列車たち|Rail Over the World
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


土佐くろしお鉄道中村・宿毛線を走る列車一覧
土佐くろしお鉄道中村・宿毛線はどのような列車が走るか、その車両をアップ


-土佐くろしお鉄道中村・宿毛線-


特急車両2000系(貫通型)
1989年に試作車が登場し、カーブの多い土讃線を速度を落とさずに
走行できる「振り子式制御装置」を搭載。
特急「南風」「しまんと」「あしずり」「うずしお」
「しおかぜ」「いしづち」「宇和海」「ミッドナイトEXP高松」
で使用されている。

貫通型で、幌が付いているタイプ。

特急車両2000系(非貫通型)
非貫通型もあり、この非貫通型の車両は半室がグリン車となっている。
チャイムはJR四国オリジナルのJR四国チャイムを搭載。

アンパンマン列車
アンパンマン塗装をしたアンパンマン列車を運転している。
アンパンマン列車の車内放送はアンパンマンマーチが流れる。
車内の天井にはアンパンマンが描かれている。
この車両は土佐くろしお鉄道所属である。



特急車両N2000系

高徳線で130kmで走るために作られた2000系の改良型N2000系。
JR四国のコーポレートカラーから一転し、車体外装も紺色と赤のツートンカラーになった。
特急「南風」「しまんと」「あしずり」「うずしお」「ミッドナイトEXP高松」
で使用される。

N2000系初期車
N2000系の導入に伴い、試作車として2100型がN2000系仕様になった。
2424型と2458型があるが、どちらもN2000系として運用される。


TKT-8000系-窪川にて

1988年の中村線転換開業時に登場した気動車である。
中央に大型の窓が3つある。
車内はセミクロスシート。
TKT8001-トンボ、TKT8002-椿、TKT8003-くろしお、TKT8004-さんご、
TKT8005-しまんと、TKT8011-さくら、TKT8012-ジョン万
と言う愛称が各列車についている。
TKT-8021は、宝くじ号として、「だるま夕日号」と言う愛称が付いている。

TKT-8005形「しまんと」-宿毛にて

トップへ戻る